「東京オペラシティ アートギャラリー」について

 東京オペラシティ アートギャラリーでは、美術という表現を通してエネルギーあふれる活動を行う国内外のアーティストたちの作品を、絵画、彫刻、写真、映像、デザイン、ファッション、建築など多岐にわたるテーマの企画展を通して紹介しています。

 寺田小太郎氏の寄贈による寺田コレクションもあり、日本を代表する抽象画家、難波田龍起・史男父子の作品をはじめとする戦後の美術作品が収蔵されています。さらに、故難波田龍起氏の遺志を受け継ぎ、国内の若手作家の紹介を行うシリーズとして「project N」を企画展と同時に開催。選考委員会で選ばれた若手作家の作品は4階のコリドールで展示されます。

 4つの展示室、ギャラリー1、2、3、4は、展示室のサイズや天井の高さ、自然光の採光方法や人工照明の配置など、様々な美術作品を的確に展示するための「ホワイトキューブ」という考え方に基づき設計されています。

 なお、現在は日本を代表するファッションブランド「UNDERCOVER」の25年間を振り返る回顧展「LABYRINTH OF UNDERCOVER “25 year retrospective”」を開催中(12月23日まで)。初期から最新作までのコレクションルック約100点を中心に、映像、ドール、絵画などの多種多様なクリエイションを展開。まさにLABYRINTH(迷路)のなかを歩くような感覚で、デザイナー高橋盾氏の世界観にひたることができます。

LABYRINTH OF UNDERCOVER “25 year retrospective”
Information
東京オペラシティ アートギャラリー
URL/https://www.operacity.jp/ag/
営業時間/11:00~19:00
 ※金・土は20:00まで、入館は閉館30分前まで
 ※展示により変更の可能性があります。
休 業 日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替期間中、年末年始、全館休館日(2月第2日曜日、8月第1日曜日)