結婚、出産や夫の転勤など様々な事情で退職し、家族との時間を大事にして専業主婦に徹してきたけれども、子どもも手がかからなくなった今、新たなキャリアを見つけたい。パートや非正規で働いたりしてきたけれども、そろそろフルパワーで仕事を始めたい。多くの女性が40代からキャリア人生を再スタートさせています。

 社会も40代専業主婦の「社会復帰」を応援しています。アベノミクスでは女性活躍推進を経済成長戦略の一つとして掲げていますし、人手不足に悩む企業では女性の雇用にも積極的になってきていて、女性向けの就職支援サービスも増えるなど、追い風も吹いています。

 この連載では、40代からキャリアを再スタートしたいあなたに向けて、何から始める? どんなスキルがあるといいの? といった様々な疑問に専門家がアドバイス。主婦向けの人材サービスを展開する株式会社ビースタイルを訪ね、しゅふJOB総研所長川上敬太郎さんに、今どきの主婦の再就職事情をお聞きしました。

川上敬太郎
●プロフィール
株式会社ビースタイル
しゅふJOB総研所長 兼 ヒトラボ編集長
川上敬太郎さん


大手人材サービス会社にて、責任者として営業企画・新卒派遣・人材紹介部門の立ち上げを行う。転職後は人材サービス会社にてマーケティング部執行役員部長、業界専門誌を発行する出版社にて営業推進部部長 兼 月刊人材ビジネス編集委員などを歴任。現在は株式会社ビースタイルにて、しゅふJOB総研所長 兼 ヒトラボ編集長。主婦層の雇用創出事業に携わる傍ら、コラム・フェイスブック等を通じて人材サービス業界への意見提言を行っている。

 もしも「40代主婦の再就職は正直、年齢的に難しいのではないか」と思っている方がいらしたら、今すぐ考え方を改めていただきたいですね。実際、相当多くの40代主婦の方々が再就職に向けて動き出しています。このグラフは主婦向け就職サービス「しゅふJOBサーチ」の求人数と応募数を示しています。企業の人材難が深刻さを増す中で、ご覧のとおり、求人数は3年前から約10倍、応募数も6、7倍となっています。応募者も、つい2-3年前までは、30代が多かったのですが今は完全に40代、団塊ジュニア世代がメイン層となっています。

2012年1月~2015年9月求人数推移(2012年1月を1とした求人指数)
2012年1月~2015年9月応募数推移(2012年1月を1とした応募指数)
しゅふJOBサーチ調べ

 企業側も40代女性を採用することに対する抵抗感が少なくなりました。昔と比べて今の40代女性は見た目も感覚も若々しい人が多く、PC、ネットなども使いこなせる上にスキルも高く、以前働いていた経験もあるので即戦力になる、と積極的に採用する企業が増えています。というよりも、将来的に、少子化により労働力人口は減る一方ですので、企業は40代、50代の女性を戦力化していかなければ、生き残ることはできない時代に入ってきているのです。この状況で、年齢を気にして「もう年だから無理…」などと、動く前から諦めてしまっては本当にもったいないと思います。

(次ページ:保育園より、問題は…)