結婚、出産や夫の転勤など様々な事情で退職し、家族との時間を大事にして専業主婦に徹してきたけれども、子どもも手がかからなくなった今、新たなキャリアを見つけたい。パートや非正規で働いたりしてきたけれども、そろそろフルパワーで仕事を始めたい。多くの女性が40代からキャリア人生を再スタートさせています。

 社会も40代専業主婦の「社会復帰」を応援しています。アベノミクスでは女性活躍推進を経済成長戦略の一つとして掲げていますし、人手不足に悩む企業では女性の雇用にも積極的になってきていて、女性向けの就職支援サービスも増えるなど、追い風も吹いています。

 この連載では、40代からキャリアを再スタートしたいあなたに向けて、何から始める? どんなスキルがあるといいの? といった様々な疑問に専門家がアドバイス。「セカンド・チャンス社会へ 妻が再就職するとき」の共著者である日本女子大学人間社会学部教授の大沢真知子先生に、メッセ―ジをいただきました。

大沢真知子
●プロフィール
日本女子大学教授
大沢真知子さん


南イリノイ大学経済学部博士課程修了。Ph.D(経済学)。シカゴ大学ヒューレット・フェロー、ミシガン大学助教授、亜細亜大学助教授を経て現職。著書に『女性はなぜ活躍できないのか』(東洋経済新報社)などがある。
ステップ4、専門スキルをアップデートし、就職に向けての準備をする
写真/PIXTA

 キャリア人生を再スタートさせることを決め、目指す方向性が固まってきたら、次は具体的な行動に移していきましょう。

 仕事の世界から長く離れていると、日々変化していく業界の動きや新しい知識、求められるスキルなどをアップデートしていく機会もなく、世の中の流れから取り残されているのではないか、と不安になる人も多いもの。新聞やインターネットなどで世の中の流れをつかむことも重要ですが、


・自治体の主催するセミナーなどに参加してみる

・大学あるいは大学が提供する再就職講座を受講する

・ハローワークを訪れる

・資格取得や知識獲得のために自学・自習する

 など、積極的に外に出かけ、情報収集し、知識やスキルを身につけることを心がけてください。行動する中から、新しいネットワークができたり、同じ立場の人と出会って、励まし合ったり、情報交換ができたりするかもしれません。

 また、面接を受けることを想定して、面接の準備を始めると良いでしょう。

・面接を受ける練習をする

・洋服を選ぶ

・不採用でも落ち込まない

 向き不向きもありますが、面接でしっかりと自分をアピールするためには、練習をしたり、ある程度、場数を踏む必要があります。残念ながら不採用になってしまったとしても、落ち込まず、その理由を分析し、次に活かすようにしてください。