◆ジェンダーミックス

 性別の境界線をぼかすような「ジェンダーレス」のスタイリングは静かに定着しつつある。ことさらにマニッシュを強調するのではなく、当たり前にメンズを着ているような風情が今っぽい。スウェット系パンツはユニセックス仕様の代表的アイテム。この秋冬に大復活を遂げたタートルネック・ニットもジェンダーフリー風味でまといやすい。パンツ裾をブーツインすると、足元がすっきり整う。防寒重視のアウターでニュートラル(中立的)に仕上げてもいいし、フェミニン系の羽織り物でたおやかさを足し込んでもいい。男っぽく寄せるなら黒革のライダースジャケットも選択肢になる。

ニュービー 1万7280円 SOREL

 2016年にブームとなりそうな演出に、背中側からの視線への「サービス」がある。前後で全く見え具合の異なるワンピースのように、バックショットに仕掛けを施すアレンジが広がる。ミドル丈ブーツの「ニュービー」はかかと側に幾何学模様のフェルト生地をあしらった。グラフィカルな柄が足首ゾーンでカラフルに主張。ジェンダーレス気味のコーディネートにアクセントを添える。バックベルトも利いている。フラットソールの歩きやすさはきびきびした足運びを支える。

 「ソレル」はここ3年ぐらいで日本での存在感が一気に高まった。もともと北米では知名度も信頼感も高い。1962年にカナダで誕生した「ソレル」はレザーアッパーとラバーボトムのコンビネーションで知られる。革とゴムの長所を兼ね備えた構造は暖かさと安定感を両立させている。妙に飾り立てないナチュラルな顔つきに、アウトドア感や男っぽさを帯びたブーツはミックスコーデのスパイスになってくれる。機能面でも安定感や保温性がしっかりしているから、この冬はタフ顔ブーツを準主役に迎えて、着姿の表情を深くしてみたい。

(画像協力)
SOREL ⇒ http://www.sorel.jp/