まだまだ寒い日が続く中、春を待ち遠しく思うことはありませんか。暖かくなったらコートを脱ぎ捨てて旬のファッションで外に飛び出せるよう、春夏ファッションのトレンドをチェックしておきましょう。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんに4大トレンドについて解説していただきました。

 2018年春夏シーズンのおしゃれはチャレンジングな上向き気分――。ロマンチックやフェミニンさが強まるのに加え、スポーティー、クロスカルチャーなどのスタイリングが勢いづく。柱になる着こなしは進化形テイストミックスの合わせ。一つの装いに複数のムードをまとわせるアレンジがファニーな着姿に誘う。来季の流れを象徴する4大トレンドをヒントに、着こなしの新傾向をつかんでいこう。

トレンド1 ◆「フェミニンアスリート」

CINOH 2018年春夏コレクション
CINOH 2018年春夏コレクション
CINOH 2018年春夏コレクション
CINOH 2018年春夏コレクション

 フィットネスやヨガのウエアを街で着るような「アスレジャー」、ワークウエアやアウトドアの装いから転じた「ユーティリティー」などの着こなしがフェミニン寄りにシフトする。変化の風向きは、柔らかさやレディー感のアップ。アクティブの気分を残しながらも、エレガントな風情が濃くなる。ワンピースやミニボトムスがたおやかなムードを呼び込む。メンズ風味も持ち込まれ、着ていける場面が広がる。

 マルチカラーの花柄ドレスにスポーティーでマニッシュなブルゾンをオン。サファリジャケットを思わせるアウトドア風のアウターはワンピース風の着こなしが新鮮。ルーズにまとったシャツにはショートパンツを合わせ、足元はヌーディーなハイヒールで整え、こなれ感のある着姿に。裾に向かって優しげに揺らめくスーパーロングのシャツドレスは羽織り物のよう。ストライプ柄のトップスとショートパンツでアスレチック感を添えた。