暖かい季節を迎えたら、コートを脱ぎ捨てて、旬のファッションをまといたいもの。まだ少し寒い日は続きますが、今から春夏ファッションのトレンドをおさえておきましょう。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんに、6大トレンドについて解説していただきました。

 2017年春夏ファッションの大テーマは「若返り」。装飾性やカラフルさが装いを華やがせる。でも、幼い見え具合ではなく、節度をわきまえた「大人ガーリー」や、さりげないボーイズテイストなどのテイストミックスが基本線。そこにクロスカルチャーや茶目っ気、大胆シルエット、ヴィンテージテイストなどが加わって、今度の春夏のおしゃれは楽観ムードで盛り上がりそうだ。

トレンド1◆「ボーイズ&ガールズ」

J.Crew 2017春夏NYコレクション
J.Crew 2017春夏NYコレクション
Sea New York 2017春夏NYコレクション
Sea New York 2017春夏NYコレクション

 ピンクやフリル、レースといったガーリー風味が初々しさを連れてくる。ただ、甘ったるさや幼さは遠ざけるのが今シーズンの味付け。大人女性にふさわしいレディーライクな着姿に落とし込むスタイリングが浮上する。ミリタリー風シャツとビジュー付きピンクスカートのマッチングは性別にとらわれない「ジェンダーミックス」も兼ねる。リボンサンダルにも配したピンクは春夏のキーカラーが有望だ。ストライプ柄がさわやかなワイドパンツはウエストのリボンが愛らしい。バッグにはピンクのポンポンを添えて、サンダルとハーモナイズしている。

 レースをはじめ、はかなげ感やコケットを帯びた生地、加工が勢いづく。布をたっぷり使って、ひだを寄せるディテールも女っぷりを上げる。メンズライクな白シャツの上からガーリーなチュールトップスを重ね、たっぷり幅のジーンズをセット。裾は深く折ってボーイズ風に。レースの女の子イメージを薄めるアレンジだ。裾にラッフルをふんだんに配したトップスはクラシックなたたずまい。肩口には特大のリボンをオン。フェミニンをうたい上げたトップスとは裏腹に、セットアップのパンツは膝から下が広がってハンサムはシルエット。ミリタリーカーキの色味も全体を渋く整えている。