2017春夏シーズンは、トロピカルプリントが盛り上がる兆し……! 明るい気分になれる南国柄をどのように取り入れれば街でも違和感なく着ることができるのか、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんに解説していただきます。

PINKO 2017年春夏コレクション

 2017年春夏は南国気分のトロピカルプリントが盛り上がりそう。ビーチカルチャーを写し込む提案も広がり、ヤシの木をはじめ、鳥や花、フルーツなどのカラフルモチーフが気分を浮き立たせる。街中で着ても妙に浮かない落ち着かせ方をつかんでおけば、カジュアルシーン以外にも出番を増やせる。イタリア発の人気ブランド「PINKO(ピンコ)」から、ハッピー感の漂う、この春夏にぴったりの着こなしを拝借してみよう。

南国ムードを迎え入れる

PINKO 2017年春夏コレクション

 フルーツ柄は南国気分を印象づける。胸にあしらったパイナップルの刺繍はポジティブ色のボーダートップスとの相乗効果を生んで、着姿を弾ませた。トロピカルな花柄のミニスカートもビーチライフに誘うかのよう。

 真っ赤なウエッジソールのサンダルは厚底にも主張が宿る。南の島っぽくまとめすぎないで、バッグや靴にエレガンス系を選ぶと、こなれ感が出せる。

PINKO 2017年春夏コレクション

 パームツリー(ヤシの木)柄はリゾート風だが、シャツできれいめに迎え入れた。シャツ裾をウエストで軽く結んで軽やかな着映えに。赤や緑、青のストライプもポジティブムードを帯びる。

 サファリ風のショートパンツでアクティブ感を添えた。かかとのないサンダル風のローファーで程よい抜け感を呼び込んだ。