ぽかぽか陽気の日が増えてくると、いよいよトレンチコートの出番です。お仕事着で活躍するトレンチコートをオフでも着こなすには? 春らしい軽い着こなし方、しかもパリジェンヌ風にすてきにまとう方法をファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

「トゥービー バイ アニエスベー」2017春夏コレクション

 冬が終わっても、春まで重宝するトレンチコート。ただし、徐々に装いが軽くなっていく時期だけに、同じコーディネートからは卒業したい。この時期特有の微妙な温度変化はブロックしながらも、春を先取りしていく着こなしを組み立てよう。「To b. by agnès b.(トゥービー バイ アニエスベー)」のトレンチコートの着こなしを参考にパリのエスプリが詰まった新スタイリングをキャッチ。

 ネイビーに白ボタンのマリンコートは春夏の装いに取り入れやすい。さわやかな印象のボーダー柄カットソーと白のベレー帽で若々しい雰囲気をプラス。首に巻いた星柄のスカーフもレディーライクなムードを醸し出している。

鮮やかなグリーンでポジティブに

ダブルブレストトレンチコート 3万1000円(+税) ストライプメッセージドレス 1万5000円(+税) サマーベレー帽 6900円(+税) ソックス 1600円(+税) レースアップシューズ 1万9000円(+税)

 この春夏はポジティブな気分が強まり、色の面でもジューシーカラーが勢いづく。例えばグリーンもトレンドに加わる。みずみずしい緑のトレンチは意外感が高い。着丈が短めだから、いっそうフレッシュな着映えに。ボーダー柄のミニ丈ワンピースとのマッチングもキュートさを強調。色味の違いが互いを引き立て合う。秋冬のトレンチルックは重たく見えがちだが、春からは重量感をオフするのが賢いまとい方。ソックスとレースアップシューズの足元も軽快に映る。