服がベーシックでもバッグにトレンド要素を取り入れると一気に着こなしが新鮮に。この春にバッグを新しくしたいと考えているなら、いったんトレンドを押さえよう。ファッションジャーナリストの宮田理江さんが提案する今年の春夏バッグは?

METROPOLIS NUVOLA ミニクロスボディバッグ MINIサイズ:W18×H12×D8cm 4万8000円(税抜)

 服やアクセサリーだけではなく、実はバッグにもトレンドがある。バッグのトレンドをつかんで、着こなしのキープレーヤーに据えれば、春からの装いはバッグを主役に組み立てられる。働く女性に人気の高い、イタリア発のブランド「FURLA(フルラ)」の提案はそんなスタイリングにぴったり。仕事の環境が変わり、出会いが増える春だけに、新しいバッグで装いと気持ちを盛り上げてみたくなる。

パステルカラー

MILANO トートバッグ サイズ:W37.5×H26×D14cm 7万円(税抜)
MILANO トートバッグ サイズ:W25×H17×D13cm 5万4000円(税抜)
RIALTO ショルダーバッグ サイズ:W35×H26×D12cm 5万8000円(税抜)
METROPOLIS ハンドバッグ サイズ:W27.5×H21×D13cm 5万2000円(税抜)

 柔らかい色味のパステルカラーは2018年春夏のトレンド色。上品な色目だからオフィススタイルでも重宝する。癖がない分、自分好みの装いに溶け込ませやすい。

 優しいトーンのペールピンクやパステルピンクは人柄までソフトに見せてくれる。朗らかに弧を描くシルエットはエレガントなムード。ダークトーンの装いにも程よい華やぎを添える。

 ジューシーなイエローは着姿をみずみずしく彩る。元気感まで呼び込んでもらえるから、オフィスで大切な前向きイメージを印象づけやすい。コンパクトなハンドバッグは目立ち過ぎず、通勤ルックにふさわしい差し色になる。