お仕事アイテムとしておなじみのシャツは、実は休日スタイルでも大活躍。シャツのタイプ別アレンジを学んで、お出掛けルックのレパートリーを増やしてみませんか。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

 いよいよゴールデンウイークがスタート。お仕事アイテムとして身近なシャツだが、実は休日シーンにも着回しが利く。近ごろはマルチに使いやすいシャツが豊作。シャツのタイプに合ったアレンジ法をつかんでおけば、もっと出番を増やせる。プライベートなお出掛けルックでも、手抜きムードやだらしなさを遠ざけられる、シャツ主体のコーディネート術は覚えて損がない。UNIQLO(ユニクロ)の新作をヒントにレパートリーを増やしていこう。

ディテールと色で遊ぶ

エクストラファインコットンギャザーブラウス(5分袖) 1990円(税抜)/UNIQLO

 角ばった襟はシャツの「お約束」だが、ややかしこまった雰囲気があり、普段使いでは邪魔になることも。このように、襟がフリルのタイプなら、お仕事ムードを引きずり過ぎない。首周りに程よい華やぎがあるから、デイリーウエアの代表格といえるジーンズと合わせても、ルーズに見えにくい。胸元にギャザーが寄せてあるおかげで、1枚で着てもきれいめに決まる。

コットンエンブロイダリーブラウス(半袖) 1990円(税抜)/UNIQLO

 おしゃれの主役に「色」が急浮上してきた。鮮やかな色は元気や個性を目に飛び込ませる。グリーン系のナチュラルカラーは健やかさやフレッシュ感も醸し出す。オフィスでは白シャツを見慣れているが、強過ぎないナチュラルカラーは職場にも持ち込みやすい。オンではボトムスを黒系やベージュで整え、オフでは白やイエローでみずみずしさをアピール。素肌の健康美も引き立ててもらえる。

コットンエンブロイダリーブラウス(ノースリーブ) 1990円(税抜)/UNIQLO

 カットワークレースをあしらったシャツは、夏らしい爽やかな着姿に導いてくれる。見た目が涼しい服は、オフィスでも周囲に涼感をもたらす。裾に透け感のあるシャツはウエストアウトすれば、のっぺりした見え方を遠ざけられる。トレンドのししゅうが施してあるので、上質感が備わる。お仕事ルックでは裾をウエストインして身頃のドレープを生かす着回しが選択肢になる。