お仕事着はばっちりだけど、オフのときの服装は迷う――そんなときは、機能性に優れ、着心地が快適なスポーツウエアを取り入れてはいかがでしょう。日常でも取り入れやすいフェミニンなデザインのウエアが増えているのだとか。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します

 アスレチックウエアをスポーツの時間しか着ないのはもったいない。ファッション性が高まった最近のアイテムはコーディネート次第で街中でも着られる。

DANSKIN 2017年春夏コレクション

 伸縮性に富み、すぐ乾くスポーツウエアは普段から快適な着心地。今回は、スポーツをする人もそうじゃない人も取り入れたくなるような服の着こなし方を、アスレチックウエアのブランド「DANSKIN(ダンスキン)」のスタイリングから見つけ出してみよう。

チュールやギャザー使いが特徴のジャケット

チュールジャケット 3万3000円(税抜) DANSKIN 2017年春夏コレクション

 バレエ衣装の「チュチュ」から着想を得たという「チュールジャケット」はその名前の通り、透けるチュールをかぶせたジャケット。スポーティー感とエレガンスが調和した着映えだ。チュール系の素材はモード界でもトレンドになっている。ジャケットの形自体はシンプルで、着回しが利く。シースルー感のある素材は重たく見えないから、デニムやワイドパンツとも合わせられる。小雨にはフードが使える。丸めてバッグに入れておけば、何かと心強い。

バックギャザー ストレッチ ジャケット 3万2000円(税抜) DANSKIN 2017年春夏コレクション

 前後や左右の見え具合が異なる「アシンメトリー(不ぞろい)」は着姿をダイナミックにざわめかせる。この人気トレンドを落とし込んだ「バックギャザー ストレッチ ジャケット」は背中側にたくさんのギャザーが寄せられていて、後方からの視線も受け止める。後ろ身頃のギャザーは動きにつれて揺れて目を楽しませる。ドラマチックな演出のおかげで、ボトムスはさっぱりしたアイテムでも合わせやすい。ふんわりした背中がフェミニンな分、優しげなスカートにはもちろん、マニッシュなパンツでも互いを引き立て合う。伸縮性の高い素材が動きやすさを高めている。背中側には蒸れを防ぐ工夫も施されていて、汗ばむ日でも心地よく過ごせる。