誠実さや落ち着きを演出しやすいプリーツ。ブラウスやワンピースなど、プリーツを使ったおしゃれの幅が広がっています。コーディネートのコツをファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

MIDDLA 2018年春夏コレクション

 きちんと感を出しやすいプリーツスカートの人気が続いている。さらに、ブラウス、ワンピースなど、プリーツを使ったおしゃれは広がる一方。誠実さや落ち着きなどの好感を呼び込みやすいプリーツはさまざまなシーンで役立てたい。持ち味を生かしつつ、多彩に着こなせるコーディネートプランを、東京ブランド「MIDDLA(ミドラ)」の2018年春夏新作ルックから見つけていこう。

プリーツワンピースで縦長レディーに

MIDDLA 2018年春夏コレクション
MIDDLA 2018年春夏コレクション

 プリーツにはもともと動きがあるが、ひだの細かいタイプは、さらにリズム感が出る。ワンピースを1枚で着る場合でも、細プリーツが施してあれば、単調に見えにくい上、レディーライクな雰囲気に仕上がる。ワントーン(単色)の服にも、ひだの陰影が深みをもたらし、落ち着いて映る。あえてノーアクセサリーを選んで、プリーツの表情を引き立てたい。

 直線を強調するプリーツは縦長シルエットと相性がよい。ロング丈のワンピースは、縦に長く走るプリーツとの相乗効果でスレンダーな着映えに。落ち感が印象的だから、シンプルに仕上げて。ウエストのあたりでリボンやベルトを緩めに巻いて垂らせば、さらに縦落ちイメージを増幅できる。

プリーツスカートで細脚アピール

MIDDLA 2018年春夏コレクション
MIDDLA 2018年春夏コレクション

 スカートでプリーツを生かすなら、ロング丈が効果的だ。レングスがたっぷりある分、直線的なひだがシャープなほっそり脚のイメージを寄り添わせてくれる。異素材で切り替えてあるタイプは風合いに変化があり、上品な風情を醸し出す。トップスをウエストインすれば、ロング丈スカートとのコントラストで、上半身が一段とコンパクトに見える。スカートが品格を帯びているから、トップスで多少の露出や遊びも試しやすい。

 ノーブルな雰囲気の強いプリーツスカートだが、主張やアレンジを利かせたタイプを選ぶと、別のムードを呼び込める。例えば、プリーツ部分にメタリック加工を施したスカートは、ひだが揺れるたびにきらめきを放ち、ドレッシーなシーンにもなじむ。スリット入りや2枚重ねなどの工夫が盛り込まれたデザインは、大人っぽさやグラマラス感をまとわせる。