本格的な夏を迎え、マリンルックでおなじみのボーダー(横縞)柄の出番が増えてきた。見慣れた柄だが、着こなしの選択肢は一段と広がっている。手持ちのボーダー柄アイテムも、ちょっとしたアイデアで見栄えが劇的に変わる。好スタイリング例を参考に、ボーダールックの成功方程式をつかんでいこう。

J.Crew 2016春夏NYコレクション

スカーフでムードを変える

 水平の縞模様というボーダー柄の性格から、横長感が出やすいのは宿命とも言える。「太って見える」という誤解もここに由来するわけだが、とにかく封じ込めたいのは、「ボーダーオンリー」の見え具合。何か別の要素をかぶせて、幅一杯のトップスに変化を起こすのが上手なまとい方。たとえば、柄物のスカーフを肩から掛ければ、一気にエレガントさが増す。ボーダーにはもともとカジュアル感があるが、スカーフの柄次第でムードを変えられる。異なるモチーフを引き合わせる「柄 on 柄」がボーダーを単調に見せない。スカーフの色に、ボーダーと近い色を使うと、全体をなじませやすくなる。