縦落ちイメージを重ねる

 横一直線のボーダー柄は放っておくと、締まりのなさや工夫の足りなさが出てしまいがち。シンプルな柄だから、ちょっとした「小細工」だけでも、退屈感を遠ざけられる。手っ取り早い方法の一つに、ショルダーバッグの斜め掛けがある。効果を高めるコツは肩掛けストラップをできるだけ長めに調節すること。色はボーダートップスの地色に映える、濃いめのカラーが向く。ボーダーと交差するように身頃を横切らせると、縦落ちイメージが強まる。ボリュームたっぷりのフレアスカートで合わせたおかげで、トップスがコンパクトに映る。足首ストラップ付きのヒールサンダルも全体を伸びやかに見せている。