オフの日のスタイルはラフにするほど難しいもの。そこで、だらしなくならない楽ちんスタイルについて、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんにレクチャーしていただきました。

 お盆休みの最中だから、お仕事服は忘れて、オフの日コーディネートを研究してみよう。休日は体を締めつけない「楽ちん服」を着たくなる。でも、だらけて見えるのは決まりが悪い。リラックスした着心地と、程々のおしゃれ感を両立させる着こなしこそ、「大人のオフ」にふさわしい。手抜き感やだらしなさを封じ込めるスタイリングはコツさえつかめば、そんなに難しくない。

「トラックパンツ」をゴージャスに着こなす

トラックパンツを選んだら、トップスはコンパクトに!

 ジャージやスウェットは「手抜き」に見えがちなウエアの代表例。ところが、上手にコーデすれば、生活感を遠ざけられる。

 第一に「上下をセットにしない」と考えよう。トラックパンツを選んだら、トップスはコンパクトに。ショート丈の裾からウエスト見せしてもいい。スポーティーに寄せすぎない「アスレジャー」を意識して、透けるカットソーやフェミニン顔ブラウスで合わせて。

 小物や靴は大人っぽさやリッチ感を添えるつもりでセレクト。ファー飾り付きバッグ、ゴールドのスニーカーがゴージャスなムードを呼び込んでいる。