そろそろ秋冬のファッションを考えたくなるシーズンになりました。夏の白や薄い色のファッションから、深い色のファッションをチェックすると、ワクワクしてきませんか。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんに2017-18年の秋冬ファッションにおける6大トレンドについて解説していただきました。

 まだ夏の暑さが続いているが、サマーセールが終わって、これからは秋冬物がショップに並ぶ。2017-18年秋冬はフェミニンの濃度が濃くなる。その一方で、チェック柄に象徴される英国調も勢いづき、たおやかさと品格が同居。そこにボリュームのあるフォルムや艶めいた素材、手仕事ディテール、大胆なスタイリングなどが加わって、装う喜びをかみ締めるようなシーズンになりそうだ。6つのキーワードから新トレンドをチェックしてみよう。

トレンド1 ◆「ネオフェミニスト」

LOKITHO 2017-18秋冬コレクション
LOKITHO 2017-18秋冬コレクション
LOKITHO 2017-18秋冬コレクション
LOKITHO 2017-18秋冬コレクション

 女性らしさを再確認するかのような、フェミニン度の高い装いが盛り上がる。フリルやレース、スリットなどのディテールのアイテムを楽しもう。

 キーカラーは赤。燃えるような赤が自信やプライドを示す。フリルやラッフルも女性的なムードを醸し出す。程よい肌見せは、秋冬の装いに変化をもたらす。レースやシースルーによって女っぽさがさりげなく見え隠れする。花柄やドット(水玉)モチーフは優しげな雰囲気を印象づけてくれる。ウエストを絞っためりはりのあるシルエットも曲線美を描き出す。キャメル系の穏やかな色味は柔和なキャラクターを演出。スリットやレイヤードでフェミニンを漂わせるスタイリングも支持されそうだ。