そろそろ秋のファッションが気になるところ。2018-19年の秋冬ファッションには、多様性と主張の強まりが見られるそうです。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんがシーズン先取りでトレンドを解説します。

 2018-19年秋冬シーズンのファッションは多様性(ダイバーシティー)が広がり、主張が強まる。ボリュームのあるシルエットや、フォークロア、カウボーイ風の装い、ストリートやスポーティーのムード、りりしいパワードレッシングなど、さまざまなテイストが提案されている。まだ暑い盛りだが、シーズン本番前にネクストトレンドを押さえておけば、秋の入口から旬の着こなしを楽しめる。

トレンド1「ボリュームシルエット」

AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)
AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)
AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)
AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)

 ビッグボリュームが2018-19年秋冬の最大トレンドとなりそうだ。これまでもオーバーサイズのシルエットがもてはやされてきたが、今度のトレンドではファニーなほどの量感が提案されている。朗らかなボリューム感を、フェミニンで愛らしいムードでまとうのが新しい迎え入れ方だ。

 まるでテディベアのぬいぐるみを思わせるような、たっぷり量感のファーは、ボリュームルックをグラマラスに華やがせる。フェイクファー、エコファーは色染めやカッティングの面でも表現力に富んでいる。

 キルティングや中綿で膨らませたボリュームアウターは来季の主役アイテムとしての期待が大きい。ファーのようにけば立った風合いのニットは穏やかな表情を帯びる。顎を隠し、長く垂らす、ビッグマフラーもトレンド小物として登場する。