毎年この時期にお届けしている、秋冬のファッショントレンド先読み記事。お待たせいたしました! ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんによると、今年押さえておきたいキーワードは六つなのだとか。まるっと取り入れてもOK、エッセンスを自分スタイルにプラスしてもOK! さっそくチェックしていきましょう。

 まだ暑さが続く時期だが、今のうちから秋冬のファッショントレンドを押さえておけば、秋口から新スタイリングを試しやすい。2016-17年秋冬の傾向はグラマラスやスーパーミックスなど、おしゃれを楽しむムードが前面に押し出される。オーバーサイズやレイヤードなどで踏み込んだ冒険が楽しめるシーズンに。6つのキーワードから新トレンドを駆け足チェックしてみよう。

トレンド1「オーバーシルエット」

DEREK LAM 10 CROSBY 2016-17秋冬NYコレクション
Sea New York 2016-17秋冬NYコレクション
Sea New York 2016-17秋冬NYコレクション
Sea New York 2016-17秋冬NYコレクション

 ボディーにジャストフィットするサイズ感を良しとする「常識」が崩される。この秋冬のシルエットは、ぴったりの寸法より一回り以上も大きめの「オーバーサイズ」が新たなセオリーに。当たり前のサイズ感を踏み出したフォルムが朗らかな着姿を生む。たっぷり幅のパンツは余裕や大人っぽさを引き出す。肩からずり落ちるようなビッグシルエットに加え、縦方向にも丈が伸びる。ロングコートをたなびかせるような、細く縦長の「ロング&リーン」ラインがほっそりイメージを印象づける。前後や左右で不ぞろいの「アシンメトリー」が着姿を揺らす。

 最もニュース性の高いシルエットは、袖丈が過剰に長い「エクストラスリーブ」。指先まで覆い隠してなお袖先が余るほどの長さ。幼い子どもが大人の服を着たような「あふれ感」がユーモラスな風情を呼び込む。アウターやニットトップスの袖丈を伸ばすほか、シャツ袖をジャケットからたっぷりはみ出させる袖先レイヤード(重ね着)も提案されている。短め着丈のウエアと組み合わせると、袖の長さが際立つ。