定番柄のボーダー。マリンルックとしてカジュアルに着ることは慣れっこでも、秋にシックに取り入れるのは少し難しい? ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが、秋にも役に立つボーダー柄の着こなし術を指南します。

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 ボーダー(横縞)柄は夏やマリンルックのイメージが強かったが、今では年間を通して人気のモチーフになった。この秋冬シーズンにも勢いが続く。ただ、夏とは着こなし方が違ってくるので、アレンジに気を配りたい。太さや色使い、素材感などでムードが変わる。「知恵あり」のボーダーコーディネートをマスターすれば、秋のおしゃれが楽しくなる。

ボーダーonボーダー

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 夏のボーダールックは涼やかさが第一のテーマになる。マリンルックはその代表格。一方、秋冬は優しさ感やぬくもりもキートーンに。幅や風合いの異なるボーダー柄を組み合わせる「ボーダーonボーダー」は装いに深みをもたらす。オフタートルのニットトップスは程よいほっこり感を帯びる。

 トップスに比べ、スカートは細かいボーダー柄をセレクト。ボトムスに細かい柄を持ってくることで、腰から下が引き締まって見えるテクニックは参考にしたい。スカート裾からのぞくレースがほのかなフェミニンを香らせた。

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 身頃の全体にボーダーを配したアイテム以外に、襟や袖だけが横縞のウエアも生かせる。ボーダー柄トップスの上からスタジアムジャケットを重ねると、襟や裾の横縞が動きを添える。

 トップスとブルゾンの異なる着丈のレイヤードも着こなしにリズムを生んでくれる。別布のレースが腰についていて、異なる質感が互いを引き立て合う。色味を近いトーンでそろえておけば、全体に統一感が出て、大人っぽいボーダーonボーダーが完成する。