スカーフを使いこなしていますか? スカーフは、首元に巻くだけでなく、頭に巻いたり、ウエストのアクセントにしたり、バッグに彩りをプラスしたり……とさまざまな使い方ができるんです。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが写真で例を示しながら詳しく解説します。

 秋口から重宝するのが首元を彩るスカーフだ。レトロ感やあでやかさが盛り上がる今シーズンはプリントスカーフの出番が増えそう。ありきたりの巻き方だけでなく、意外技、大胆アレンジまで、スカーフの多彩な表情を引き出す巻き方テクニックを、人気セレクトショップ「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)」が提案。お仕事ルックにも応用できそうだ。

頭に巻いてアクティブアクセント

スカーフ 1万1000円(税抜)manipuri/ジャケット 6万4000円(税抜)Rawtus/トップス 1万1000円(税抜)GALLARDAGALANTE/スカート 4万2000円(税抜)HERITANOVUM/ブーツ 3万6000円(税抜)Pelleterno/ブレスレット 2万8000円(税抜)miansai

 スカーフは首に巻くのがセオリーだが、頭に巻けば視線が引き上がって、着姿全体が縦長に映る。アンティーク風の山吹色のスカーフが髪に交わって、ヘッドアクセサリーのよう。レトロさとレディー感を醸し出す。

 カーキ色のプリーツスカートは裾丈がアシンメトリー(左右非対称)。ソフトレザーのジャケットは微妙にカラートーンをずらしている。インナーとブーツは黒で引き締めた。唯一のイエロー系であるスカーフが装いにフレッシュさを添えている。