ショッピングに出る前に、トレンドの色はきちんと押さえたいもの。どんな色を選ぶかで、印象がガラリと変わります。さて、2018年の要注目カラーは? ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんの解説でお届けします。

 「色」はおしゃれのイメージを決める。2018年はフェミニンでロマンチック、ポジティブな装いに注目が集まりそう。だから、色も前向き感や女っぽさが打ち出されている。たおやかでアクティブなカラーをまとえば、自分のキャラクターイメージも操れる。服からもらうパワーで新しい年をハッピーに切り開いていこう。

ピンク、レッド 女心くすぐるときめき色

STRASBURGO 2018年春夏コレクション
MYLAN 2018年春夏コレクション
BARNEYS NEW YORK 2018年春夏コレクション
JILLSTUART 2018年春夏コレクション

 女性的な印象を示す色がクローズアップされる。女性の権利や尊厳を重んじる、世の中の流れを背景に、ピンクや赤系のフェミニンカラーが見直されている。ピンクにはガーリーな雰囲気があるが、18年に盛り上がるのはむしろ大人っぽい色味。ウルトラバイオレット、すみれ色などを含む、広い意味でのピンクが主役になりそうだ。

 赤も同様で、トーンを落とした赤や、オレンジに近い赤など、色味の幅は広い。深みを宿した色調は、女性的な魅力と自立した強さを兼ね備えたキャラクターを印象づける。ムードが甘過ぎないから、オンの装いにも落とし込みやすい。ピンクや赤となじむ花柄も注目のモチーフだ。