一生に一度は行ってみたいアフリカに、思い切って本当に行ってきました。この旅行に貯金全額をつっ込んだ日経ウーマンオンラインのアラサー編集K。そんなケニア旅行記を全8回でお届けします。


フラミンゴが飛び立つ瞬間に遭遇

 ケニア旅行、3日目がスタートです。

 朝目が覚めたら、背中の下でバッタが1匹お亡くなりになっていました。

こちらが死亡事故現場

 前回の記事の最後に「虫たちに囲まれて眠りました。」と書いて締めたのに、つぶしてしまいました。ごめんよ。

 さて、すぐに気を取り直し、レストランで朝食を食べたらさっそくサファリに出かけます。

 今日はロッジで作ってもらったランチボックスを持って、ロングサファリに出発です。ドライバーは昨日に引き続きケニア人のジェームスさん。ロッジを出たのは朝の7時半。このまま16時ぐらいまでずっとサファリに滞在する予定。

 午前中は車で野生動物を見てまわり、午後からはマサイ族と一緒に「ウォーキングサファリ」に出かけます。「ウォーキングサファリ」とは一体何なのか、そのマサイ族は本物なのか、行ってみてのお楽しみ。

 行きの車内でジェームスさんに、リカオン(ハイエナイヌ)が見てみたいと伝えると、「リカオンはめずらしいよ~。僕は16年間で3回しか見たことがない」とのこと。
 じゃあ今日が4回目だね? と言うと、「うーん、かなり難しいと思う」だってさ。

 そんな弱気のジェームスさんと一緒に、フラミンゴが一斉に飛び立つ貴重な瞬間が見られました。というわけで、もうさっそく、本日のハイライトをどうぞ。

水たまりで休んでいたフラミンゴたち。別の鳥がやってきた瞬間、ざわ…ざわ…し始め、全員が同じ方向を向きました
次の瞬間、せーので羽を広げた
息ぴったりで飛び上がります
フラミンゴって羽を広げるとこういう模様なんですね
軽やかに飛んでいきます
どこに行くのかな

 この間、たった3秒ぐらいだったと思います。見ていて鳥肌が立ちました。ぜひクリックして大きい写真で見てみてください。

 次のページからは、この日見られた動物をご紹介します。子ゾウのかわいさに注目です。