一生に一度は行ってみたいアフリカに、思い切って本当に行ってきました。この旅行に貯金全額をつっ込んだ日経ウーマンオンラインのアラサー編集K。そんなケニア旅行記を全8回でお届けします。


さようならアンボセリ国立公園

 2日前から滞在していた、ここアンボセリ国立公園とは今日でお別れです。

 早朝6時半にホテルをチェックアウト。お世話になったホテルスタッフのみなさまにも挨拶をします。

気前よくチップを渡してしまいました

 今日も天気は晴れ。3日間だけの滞在だと、一度もキリマンジャロが見えない天候が続くこともあるらしく、今回はとてもラッキーだったそう。

毎日見ることができた、5895mもあるキリマンジャロ

 最後に、少しサファリ内を走りました。

 さっそくアフリカゾウの群れに遭遇。

 ドライバーのジェームスさん曰く、「たぶんお母さんゾウにあいさつしてるんだろう」って。子ゾウは本当にかわいいです。2匹とも笑ってる表情に見えるので、ぜひクリックしてアップにして見てみて下さい。

 そしてなんと、最後の最後でライオンに会えました。

 ライオンは3~4日ほどなら何も食べなくても平気らしい。さらに、目が良くて夜も狩りができるので、昼はなかなか草むらから出てこないそうです。
 このライオンも、このあとすぐに草むらに入って行ってしまいました。

ハネムーン中のライオン夫婦も発見。群れから離れて子作りをするらしい
ハネムーン中のライオンの近くにはハイエナがいました

 ハイエナは、ライオンが狩りをして食べた残りを狙うのだそうです。ハイエナ自身はあまりエサを獲らず、もし獲るとしたら病気などで弱った個体が多いらしい。

 ジェームスさんと、「最後にライオンが見られてラッキーだったね」と話しながらアンボセリ国立公園をあとにしました。

さようなら~

 車の中で朝ごはんです。

 こちら、ホテルで作ってもらった朝ごはんボックス。今回もまた量が多いですね。