ほうれい線のケアをしてもなかなか薄くならないのは、表情筋の土台である「唇」の筋力の弱さが一因とわかりました。ストローで吸うように唇を「ほ」の形で締めるだけで、顔にアイロンをかけたかのようにほうれい線が薄くなります!

 ほうれい線は、頬の皮膚や筋肉を手や美顔器などで持ち上げれば解決すると思っていない?「頬を手で押し上げたりしても、余分な脂肪が上に移動して皮膚がよれるだけ。その形がクセになると、脂肪が頬に集まって重くなり、重力で下がってくる。結果、頬がたるみ、ほうれい線が目立つようになっていく」と、パーソナル・フェイストレーナーの木村祐介さんは話す。

 「重力に逆らい、ほうれい線を消すためには、顔の土台である唇の筋肉を鍛えることが不可欠」と木村さんは指摘する。「唇を締めると、凸凹(でこぼこ)した脂肪がアイロンがけをしたかのようになだらかになり、皮膚が骨にフィットしてきれいなハリが出る」(木村さん)。これを「唇アイロン」と木村さんは表現する。

 唇アイロンは「表情筋のヨコ使い」によるクセのリセットにも有効だ。唇を締め、常にハリのある状態をキープできるようになれば、「自然とほうれい線もできにくくなる」と木村さんは太鼓判を押す。毎日習慣化すれば、1週間程度で顔が引き締まってくる。まずは朝のスキンケア時に組み入れて日課にしてしまおう。朝に行えばその日1日、表情筋を正しく動かせる!

顔には30以上の表情筋があり、その要となるのが唇を囲む口輪筋だ。「表情筋を木に例えるなら、目のまわりの筋肉は葉、頬の筋肉は枝。それらの土台として下支えするのが唇の口輪筋」(木村さん)。だから、唇の筋力を鍛えることが、ほうれい線の予防にもつながる

唇アイロンは表情筋を使えていない人に特にお薦め!

□ ポーカーフェイスだといわれる
□ 直接会話をするよりもSNSでやり取りすることが多い
□ 最近大声で笑っていない
□ 軟らかい食べ物が好き

ほうれい線を消す!【基本の唇アイロン】「ほ」の口で唇アイロン

唇を「ほ」の形に強く締めるだけ
唇を締め、ほうれい線がなくなるように皮膚を伸ばす。スキンケアのときや通勤中などこまめに行って、顔に“よいクセ”をつけよう。

唇を「ほ」の形にしてぐっと締め、口を縦に伸ばしながら下に引っ張る。目尻と唇を引き合うイメージで、ほうれい線をアイロンをかけたように伸ばそう。

A. ほうれい線を縦に伸ばす
唇を「ほ」の形にしたときに、ほうれい線がなくなっていればOK。まだ目立つならもっと強く唇を締めよう。

POINT

舌を奥へ引き込み、上下の歯は離す
上下の歯が触れると顔の筋肉や皮膚が横に動くため、逆にほうれい線が目立つ。舌を引き込むことで、ほうれい線が薄く!

効果u p!

頬を吸い込むともっと鍛えられる!
唇を「ほ」の形にすぼめた状態のまま、ストローで強く吸うときのように頬を内側に吸い込む。

この人に聞きました
木村祐介さん
パーソナル・フェイストレーナー
運動力学や機能解剖学を基にしたオリジナルメソッドを考案。ネイチャーボディハウス(東京・港区)で「美顔ワークアウト」などの施術を行う。著書に『日本で唯一のパーソナルフェイストレーナーが教える小顔ワークアウト』(ワニブックス)など。

取材・文/やまきひろみ 写真/稲垣純也 スタイリング/椎野糸子 ヘア&メイク/依田陽子 モデル/MIKA イラスト/三弓素青

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BPSHOPで購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。