日経xwoman

医師が考えた特別メソッド「肩甲骨はがし」で、肩こりもたちまち軽くなる

(1) 壁に背をつけて立ち腕を肩の位置に上げる
かかと、背中を壁につけて真っすぐ立つ。その姿勢で、腕を肩の位置まで上げる。手のひらは下向き。ひじは曲げず、腕も壁につけるようにする。

(2) 痛みを感じないところまで腕を壁伝いに上げていく
そのまま壁伝いに腕を上げる。痛みを感じない、無理のないところまで上げたら、その角度を確認する。腕が壁から離れたり、ひじが曲がったりしないようにする。
閉じる