読者500人調査で見えてきたのは、「貯蓄1000万円女子は節約するだけでなく、お金を使うところには使っている」ということ。貯めている女子の分析を基に作成した「お金の使い方『一流度』チェック」、試してみて。

お金も時間も、投資効果が最大になる使い方をする

 お金を使うところには使うのに、貯蓄は1000万円以上。そんな人になるためのヒントを、「証券会社の営業マン時代に数多くの富裕層の人と仕事をしてきた」と言うZUU社長兼CEOの冨田和成さんに聞いた。

 「自分で富を築いてきた人は、お金も時間も〝投資効果〟を意識して使っています。金銭面での損得だけでなく、心身の健康から世の中のためになることまで長い目で見たリターンを考え、それが感じられないものには1円も使いません」。この考え方をWOMAN読者に応用するなら? 「将来の収入の向上につながる自己投資をすること。専門スキルを磨く、憧れの人と会食する、ぜい肉を落とすなど人によって異なるはず。今の自分に最も必要な投資を考え、それ以外にお金と時間を使うことを抑えれば、結果的にお金が貯まる人になれると思います」。

sasaki106/PIXTA

Q. 夕食の習慣として近いものは?

(1) 家や職場でコンビニ弁当を食べるか、チェーン店でひとり外食
(2) 基本は自炊だが、月に数回は尊敬する人や信頼する人と外食
(3) 毎日家で自炊し、食費はとことん切り詰める

一流の答えは (2) 人脈や刺激も「リターン」と考える
考えるべきは食事による投資効果。自炊なら節約でき、健康にもいいが、会食で得られる人脈や刺激はそれ以上のリターンになる可能性が。

Q. 食器を洗おうとしたら、食器用洗剤が切れた…さあどうする?

(1) 自宅から徒歩1分のコンビニへ行き、160円で買う
(2) 自宅から徒歩10分の100円ショップへ行き、100円で買う
(3) 自宅から徒歩20分のスーパーへ行き、半額クーポンを使って80円で買う

一流の答えは (1) 時間も「コスト」と考え、ムダに使わない
時間も貴重なコストと考えたい。半額で買うために費やす20分を、読書や片づけなど、自分のためになる時間に使うことを考えて。

Q. コスメの買い方はどれに近い?

(1) 好きなコスメブランドの商品をフルラインでそろえる
(2) 人気のコスメをいろいろと購入し、使い切らないものもある
(3) ファンデは5000円、化粧水は1000円以下など、メリハリ買い

一流の答えは (3) 商品の効果を見極め、コスパを意識する
数が増えがちな化粧品だが、なくても済むものや安くていいものも多い。効果を見極めつつ必要なものを選ぶ目を、化粧品選びで養いたい。

Q. 資産運用を始めるなら?

(1) 銀行や保険会社ですすめられた金融商品や保険商品を選ぶ
(2) 本や雑誌で資産運用を学び、自分で商品や方法を選ぶ
(3) 友人が実践していて「おすすめだよ」と言われた商品を選ぶ

一流の答えは (2) 金融商品は自分でじっくり勉強してから購入を
金融機関の窓口では手数料の高い商品をすすめられやすく、友人の話も鵜呑みにするのは危険。十分勉強し、リスクも把握してから始めて。

この人に聞きました
冨田和成さん
ZUU社長兼CEO
野村証券のプライベートバンク部門で活躍後、起業。金融メディア「ZUU online」などを運営。著書に『大富豪が実践しているお金の哲学』(クロスメディア・パブリッシング)など。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。