お金のムダが生まれるのは、身の回りの物事を整理できていないから。「予定」「モノ」「お金の流れ」を整えることで、お金が自然に貯まっていくはず!

1. 予定の整理

先々の予定を日々確認し、「前倒し」で備える
「帰省の間際に早割航空券が売り切れていた」「結婚式出席用の服を間に合わせで買った」など、準備が直前になることで、ムダな出費は増えやすい。数カ月後までの予定を日々確認し、金額の大きいものほど賢く買う計画を。

2. モノの整理

服、食材、日用品…家にあるモノの「在庫」を一目瞭然に
家にないと思って買ったら、「実は同じような服を持っていた」「頂き物のタオルが大量にあった」など、ムダ買いする人の多くは在庫を管理できていない。同じ用途のモノは1カ所に集め、在庫の“見える化”を鉄則に。

3. モノの整理

キッチン、リビング…片づいた状態を維持して居心地よくする
家が散らかっていると、料理をしたり、くつろいだりする気がうせ、外でお金を使いがち。気持ちもイライラし、ネットショッピングなどでの衝動買いを引き起こす恐れも。家を片づけて居心地よくすることが、ムダな出費を抑えると心得て。

4. モノの整理

半年に1回は「モノの棚卸し」をして「必要なモノリスト」を作る
モノは日々増えていくので、半年に1回は場所を決めて棚卸しを。不要なモノは捨てる、売るなどしてスペースを空け、必要なモノをリスト化。優先順位を吟味し、安い店やセール情報などを調べて買うことで支出を最小限にできる。

5. お金の整理

銀行口座を目的別に整理し、残高を定期的にチェック
都市銀行やネット銀行などさまざまな口座を持っていると、合計でいくらあるか、どれだけ貯まっているのかが見えにくい。口座の数を絞り、生活費用、貯蓄用などと目的別に用途を決めた上で、月1回は残高の確認を。

6. お金の整理

財布の中には「一軍」のカード類しか入れない
クレジットカードやポイントカードをなんとなく財布に入れていると、お金の使い方にも無頓着になりがち。ポイントをしっかり貯めて使い切れる“一軍”カードのみ持ち歩き、お金もポイントもムダにしない意識を。

7. お金の整理

1日、1週間、1カ月…「予算」を決めて超えないように使う
お金の使いすぎを防ぐ最強の方法は「予算」の設定。月間や週間単位で予算を立てるほか、1日2000円などと決めるのもいい。現金払いを徹底し、予算分しか現金を持たないようにすれば、強制的に貯まる仕組みが整う。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。