スマートフォンの利用用途(電話以外)
年代別のスマートフォンの利用用途(電話以外)
パソコンで使っていたサイトやアプリのうちスマートフォン/タブレット利用時の使用に移行したもの

 データ分析を手がけるシンクエージェントは、生活者による多様なデジタルデバイスの使い分け実態について調査した結果を発表した。それによると、年代によってスマートフォンの利用用途に差があるという。

 20歳代―50歳代の男女550人に、スマートフォンのどのような機能(電話以外)をよく利用するか尋ねたところ、「メールの送受信」(91.3%)が最も多く、「メッセージ型のSNS(LINE、Facebookのメッセージ、Skype等)」「地図ナビゲーションアプリ」(いずれも52.7%)、「YouTubeやHULUなどの動画サイト/アプリで動画視聴」(41.0%)が続いた。

 年代別で見ると、20―24歳は「動画視聴」が飛び抜けて多いほか、「旅行やレジャー施設、宿泊施設、交通機関予約サイト」「音楽のダウンロード購入・音楽の視聴」「電子書籍/雑誌の閲覧や購入」が他の年齢層を大きく上回る。「オンラインバンキング」「価格コムや@コスメなどの比較情報サイト」は30―34歳が最も多く、「情報共有型SNS(Facebook、Instagram、mixi、Twitter等)」は20歳代前半―30歳代前半の利用が高い。

 タブレットの利用率は5歳刻みの年代ごとに波が見られるが、女性の方が男性に比べ利用が多い。特に25―29歳および35―39歳女性の利用率が高く、ノートパソコンの利用率と反比例していることから、女性はタブレットをノートパソコンの代替機器として活用している様子が見て取れる。

 スマートフォンやタブレット利用によってパソコン利用がどのように変化したか聞くと、過半数(51.3%)は「変化なし」と答えたものの、約4分の1(23.7%)はパソコン利用が減少している。中でも「メール」「ニュース」「動画」「検索エンジン」の利用はスマートフォンやタブレットへの移行が目立つ。


■関連情報
・シンクエージェントのWebサイト www.think-agent.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント