5年後、どのようなキャリアを築いていたいか
理想のキャリアを築くために重視しているものは

 20歳代のビジネスパーソンは、理想のキャリアとして「管理職」より「スペシャリスト」を目指し、「年収アップ」よりも「自分らしく働く」ことを重視する傾向が高い。――こんな調査結果を、ビズリーチが運営する20歳代向け転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」が発表した。

 キャリアトレックに登録している20歳―29歳の男女223人に、5年後、どのようなキャリアを築いていたいか尋ねたところ、「専門性を高めてスペシャリストになりたい」(38.2%)が最も多く、2位の「管理職(マネージャーやリーダー職を含む)になりたい」(18.0%)に20ポイント以上差を付けた。

 スペシャリスト志望の回答者からは、「プログラミングの専門性を高め、SEとして全体の仕組みを作っていきたい」(女性・20歳代後半)、「会計系専門職として日本だけでなく世界と戦える力をつける」(男性・20歳代前半)などのコメントが寄せられた。管理職志望の人では「今の会社の業績を倍増させて管理職以上になるか、別の会社に転職してマネジメント職に就く」(女性・20歳代後半)といった自由回答があった。

 理想のキャリアを築くために重視しているものを聞くと、「自分らしく働けること」(52.1%)がトップに挙げられ、次いで「好きなことができる」(30.4%)、「情熱を注げる」「年収アップができる」(ともに28.1%)が続いた。

 また、2割前後が「ワークライフバランスがとれている」(23.5%)、「成長できる環境である」(23.0%)、「安定している」(22.6%)、「尊敬できる人と働ける」(20.7%)などを重視していることが分かった。

■関連情報
・ビズリーチのWebサイト www.bizreach.co.jp/
・キャリアトレックのWebサイト www.careertrek.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント