自撮り写真をSNSに投稿したことがあるか(自撮りをしたことがある女性)
投稿した自撮り写真に対する反応で嬉しいことは(自撮り写真をSNSに投稿したことがある人)
自撮り写真をSNSに投稿する時に、服装面で気になることは(自撮り写真をSNSに投稿したことがある人)

 ファッションに特化したフリマアプリ「ZOZOフリマ(ゾゾフリマ)」を運営するブラケットは、「自撮り」に関する調査結果を発表した。それによると、自撮りをする女性はしない女性よりファッションにお金をかける傾向が高いという。

 20歳代―40歳代の女性723人に、自撮りをした経験があるか尋ねたところ、2人に1人以上(53.7%)が「ある」と答え、そのうち約4割(38%)は自撮り写真をSNSに投稿したことがある。

 SNSに投稿した自撮り写真に対する反応として、「容姿」を褒められると嬉しいという人は65.7%、「服装」を褒められると嬉しいという人も50.6%にのぼった。「写真のアングルなど、センス」を褒められると嬉しい人は41.0%で、そのほか「好意的なら何でも嬉しい」「ギャグ狙いでけなされてもおもしろいかも」といった自由回答も寄せられた。

 自撮り写真を投稿する時、服装について気になることを挙げてもらうと、「着ている服が似合っているか」(50.6%)が最も多く、「ダサいと思われないか」(44.6%)が続いた。「以前の投稿と服装がかぶっていないか」(30.7%)や、「いつも似たような服を着ていると思われないか」(28.9%)との回答も多かった。

 投稿の際、前に投稿した自撮り写真と同じ服を着ていないか気にするという人は、6割以上(63.9%)にのぼった。

 自撮り経験の有無で、ファッションにかける1カ月あたりの金額を比較したところ、自撮り経験のある女性は平均9827円、ない女性は平均7524円と、自撮り経験のある女性の方が約1.3倍ファッションにお金を使っている。

■関連情報
・ZOZOフリマのWebサイト zozo-f.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント