三大都市圏の平均時給推移(全職種)
三大都市圏の平均時給推移(オフィスワーク系)
三大都市圏の平均時給推移(営業・販売・サービス系)
三大都市圏の平均時給推移(クリエイティブ系)

 人材総合サービスのエン・ジャパンが運営する人材派遣のポータルサイト「エン派遣」は、9月の派遣時給について集計・分析した結果を発表した。それによると、三大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給は前月比9円高、前年同月比12円高の1549円に上昇し、2012年1月以降の過去最高時給を更新した。

 エン派遣サイトに掲載されているすべての職種の求人情報をエリア別に集計したデータに基づき、募集時の平均時給を分析したもの。時給が上がっている背景には、正社員の求人倍率が上昇しているため、正社員を希望する人が流出し、人材の確保が難しい状況があると、エン派遣は分析している。

 三大都市圏を職種別で見ると、「オフィスワーク系」(一般事務、営業事務、経理・財務・会計・英文経理、総務・人事・法務、貿易・国際事務など)の平均時給は1502円(前月比15円高)となり、4カ月連続で過去最高を更新した。「営業・販売・サービス系」(営業・企画営業、販売、窓口・ショールーム、テレマーケティングなど)は1384円(同14円高)で過去最高を記録。「クリエイティブ系」(WEBデザイナー、編集・制作・構成、デザイナー、DTPオペレーターなど)は1681円(同21円高)で過去最高時給を2カ月連続で大きく更新した。

 一方、高止まり状態が続く「IT系」(SE、プログラマー、ネットワークエンジニア、運用管理・保守、ユーザーサポートなど)は2007円(同9円安)、「技術系」(CADオペレーター、CAD・設計、ハード系設計など)は1715円(同横ばい)だった。「医療・介護系(医療事務、治験関連、介護関連、看護師・准看護師、研究開発など)は1367円(同12円安)に低下した。

 エリア別の平均時給は、関東が1609円(前月比2円安、前年同月比4円高)、東海が1341円(同9円高、同15円高)、関西が1360円(同6円高、同7円高)だった。北海道、東北、北信越、中国・四国、九州・沖縄エリアはいずれも前月および前年同月から低下した。

■関連情報
・エン派遣のWebサイト haken.en-japan.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント