毎日在宅勤務できる仕事に転職できるとしたら働きたいと思うか(男女別)
在宅勤務をするとしたら、週何日の在宅勤務が理想か(男女別)
フリーランスで在宅勤務を行う女性をどう思うか(男女別)

 ファッション・コスメ業界に特化した人材会社iDA (アイ・ディ・アクセス)が20歳代―40歳代の有職者男女300人を対象に実施したアンケート調査の結果によると、3人に2人が在宅勤務で働きたい気持ちがあり、特に女性はフリーランスで在宅勤務することにポジティブな印象を抱いている。

 毎日在宅にて勤務できる仕事に転職できるとしたら働きたいと思うか尋ねたところ、62.7%が「はい」と答えた。男女別では、「はい」と答えた割合は男性が64.0%、女性が61.3%とほとんど差は見られないものの、わずかに男性の方が多かった。

 在宅勤務をするとしたら週何日の在宅勤務が理想か聞いてみると、「在宅勤務は望まない」(20.7%)を除くと、「毎日」と「週4日」(いずれも19.0%)が最も多かった。「週3日」(17.7%)を合わせると、過半数(55.7%)が週3日以上の在宅勤務を望んでいる。

 女性は、週3日以上の在宅勤務を望む人が6割近く(57.3%)にのぼるが、「毎日」(16.0%)よりも「週4日」(22.0%)や「週3日」(19.3%)が好ましいと考えている。一方で、約4人に1人(24.0%)が「在宅勤務は望まない」と答えた。

 フリーランスで在宅勤務を行う女性をどう思うか尋ねると、「うらやましい」(38.3%)との回答が最も多く、「大変そう」(33.3%)が続いた。女性は「うらやましい」が42.7%、次いで「かっこいい」が37.3%とポジティブな印象が強く、「寂しい」「かっこ悪い」「恥ずかしい」などのネガティブな印象はごくわずかだった。

■関連情報
・iDAのWebサイト www.ida-mode.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント