勤務中、昼休みなどに昼寝をしているか
昼寝をする場合の平均的な睡眠時間は
昼寝の前と後ではどのような効果を感じるか

 昼休みなどに15分程度の睡眠をとることで、体や脳のリフレッシュ効果が見込めるとされ、昨今では昼寝を推奨する企業もある。住宅・不動産専門サイト「O-uccino(オウチーノ)」を運営するオウチーノが実施したアンケート調査によると、若手社会人の半数以上が会社で昼寝をすることがあり、そのうちほとんどが昼寝の効果を実感している。

 首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に住む20歳―39歳の会社員・公務員の男女552人に、勤務中、昼休みなどに昼寝をしているか尋ねたところ、14.7%が「毎日する」、18.1%が「する日の方が多い」、24.3%が「しない日の方が多い」と答え、「全くしない」は42.9%だった。

 会社で昼寝をする場合の平均的な睡眠時間を聞いたところ、「5分以内」(7.6%)、「―10分以内」(18.7%)、「―15分以内」(29.2%)を合わせると、過半数(55.5%)が15分以内にとどめている。

 快適な昼寝のために、自身で工夫していることがあるか聞いてみると、「特になし」(33.5%)以外では、「体を横にする」(19.9%)、「耳栓やヘッドフォンを使用する」(15.6%)、「枕を使用する」(14.6%)、「アイマスクを付ける」(8.6%)、「暗い部屋で寝る」(6.3%)などが挙げられた。

 昼寝の前と後ではどのような効果を感じるかとの質問に対しては、「寝不足が解消される」(29.1%)、「頭の回転が良くなる」(22.6%)、「体調が良くなる」(21.5%)、「ストレスが解消される」(14.8%)といった声が寄せられ、全体の88.7%がなんらかの昼寝の効果を実感している。「特に変化はない」は10.4%、「むしろ午後からの仕事に支障をきたす」はわずか0.9%だった。

■関連情報
・オウチーノのWebサイト www.o-uccino.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント