管理職になってみてどのように感じるか
管理職になる前、なぜ不安を感じていたか(管理職になることに不安があった人)
管理職になってよかったと思うことは

 人材紹介・再就職支援サービスを手がけるパソナキャリアカンパニーは、30歳―59歳の女性管理職321人を対象に実施した「女性管理職の意識・実態調査」の結果を発表した。それによると、女性管理職の過半数が管理職になる前に不安を感じていたものの、実際になってみて後悔している人は1割もいないという。

 女性管理職が担当している部門は管理部門系が50.8%と最も多く、営業部門系が15.3%、技術部門系は14.9%だった。6割以上(63.2%)の担当部門で男性が半数以上を占めており、女性ばかりの部門で管理職をしているわけではないことが分かった。

 管理職になる前、管理職になることに対して「不安があった」(「とても不安だった」もしくは「少し不安だった」の合計)という人は54.8%にのぼるが、管理職になった結果、52.6%が「管理職になってよかった」と感じており、「管理職にならないほうがよかった」との回答は9.7%にとどまった。

 管理職になる前に不安を感じた原因は「管理職の役割を果たせる自信がなかったから」(51.7%)が最も多く、「自分にはスキルが不足していると思っていたから」(34.1%)、「社内に女性管理職が少なかった(いなかった)から」(26.1%)が続いた。

 管理職になってよかったと思うことを具体的に尋ねると、「仕事の裁量や幅が増え、よりやりがいを感じられるようになった」(45.5%)、「自分の成長を感じられるようになった」(37.1%)、「会社への影響力や発言力が大きくなった」(28.7%)といった意見が上位に並んだ。

 女性管理職を増やすために必要だと思うことは、「公平で納得性の高い人事制度の整備」(38.6%)、「仕事とプライベートを両立するための制度の充実」(38.3%)、「男性上層部の意識変革」(37.4%)がトップ3に挙げられた。

■関連情報
・パソナキャリアカンパニーのWebサイト www.pasonacareer.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント