副業で稼ぎたい金額は
副業をするならいつがいいか

 新しい働き方や天職を考えるWebマガジン「瓦版」は、副業に関する調査結果を発表した。それによると、かつて“週末起業”という言葉がよく聞かれたが、副業のタイミングは平日仕事を終えたあとが最も多く、大半はちょっとしたお小遣い稼ぎの範囲だという。

 20歳代を中心とする瓦版ユーザーの男女386人に、副業で稼ぎたい金額を聞いたところ、「5万円まで」(48.19%)との回答が最も多く、半数近くを占めた。次いで「10万円まで」(33.16%)が続き、10万円以下が合わせて8割超にのぼることから、副業ではお小遣い程度を稼げればいいという姿が見てとれる。

 副業をするならいつ行うか尋ねると、「帰宅後」(49.48%)がほぼ半数と最も多かった。残業があれば帰宅後に副業するのは容易ではないことから、同調査はこの結果を「意外」だとしている。次いで「土日」(39.64%)が続き、趣味など好きなことでお金を稼ぐ人も多いのではないかと同調査は見ている。

 約1割(8.81%)が「就業中」と回答していることについては、仕事の延長で副収入を得ているか、あるいは仕事中にサボって副業をしているという、あまり褒められない状況も想像できるものの、昨今では副業を推奨する“専業禁止”の会社もあるため、そうした会社に勤務しているケースも考えられる。

 なお、副業を「したくない」との回答はごくわずか(0.78%)だった。

■関連情報
・瓦版のWebサイト w-kawara.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント