首都圏エリアの市区町村ランキングTOP10(新築マンション編)
首都圏エリアの市区町村ランキングTOP10(新築一戸建て編)

 オウチーノ総研は、住宅・不動産サイト「O-uccino」のアクセス数をもとにまとめた「2015年、人気の高かった市区町村ランキング(新築マンション・新築一戸建て/首都圏編)」を発表した。新築マンション編は近年東京オリンピックに向けて開発が進んでいる「東京都中央区」が首位に立ち、2位に「東京都千代田区」、3位に「東京都港区」と、前年に引き続き都心3区がトップ3を占めた。

 同ランキングは、O-uccinoサイトに掲載されている首都圏エリアの新築物件情報に対する2015年1月1日―12月31日のアクセス数をもとに集計した。中央区は、便利でありながら下町風情を残す勝どきや月島だけでなく、大商業地帯でオフィス街が広がる日本橋や銀座、八重洲も再開発が行われており、東京オリンピック後も注目を集め続けることが予想される。

 千代田区は、各官公庁やオフィスが広がり、居住エリアは限られているものの、通勤・通学のしやすさに加え、名門公立小・中学校が多いのが特徴。皇居や北の丸公園、日比谷公園など自然が豊富なのも魅力となっている。

 港区は、虎ノ門や新橋などのビジネス街、青山や表参道などの商業エリア、六本木などの歓楽街がある。居住エリアとしては麻布、白金台などが有名。JR山手線の品川―田町駅間にできる新駅の影響もあり、注目が集まっている。