洋服を買う際、店員のオススメを信じるか(男女別)
洋服を買う際、店員のオススメを信じるか(年代別)
洋服を買う際、店員のオススメを信じる理由(男女別)
洋服を買う際、店員のオススメを信じない理由(男女別)

 ファッション・コスメ業界に特化した人材会社iDA (アイ・ディ・アクセス)は、20歳―49歳の男女300人を対象に実施した洋服の購入に関する調査の結果を発表した。洋服を購入する際、店員のオススメを信じるか聞いたところ、「信じる」(「信じる」と「どちらかというと信じる」の合計)が51.3%で、「信じない」(「どちらかというと信じない」と「信じない」の合計)の48.7%を上回った。

 男女別では、「信じる」と答えた割合は女性(54.0%)の方が男性(48.7%)より多い。年代別で見ると、20歳代は「信じる」派が約6割(57.0%)と最も高く、30歳代は「信じない」派が過半数(53.0%)で他の年代より多かった。

 店員のオススメを信じるという人に、その理由を尋ねると、1位は「商品をよく知っているから」(59.7%)、2位は「流行をよく知っているから」(42.9%)だった。

 男女別では、「商品をよく知っている」という点で女性(68.5%)の信頼は男性(51.9%)より圧倒的に高く、「流行をよく知っている」についても女性(45.2%)が男性(40.7%)を上回った。

 店員のオススメを信じない人は、「売り込みっぽいから」(56.8%)を一番の理由に挙げ、「結局は自分の好みだから」(39.0%)が続いた。