ホワイトデーにお返しがなかった場合、どう思うか(渡した相手別)
お返しをされなかった時、相手との関係性・態度は変化するか
義理チョコのお返しは何倍返しを期待するか/それによって気持ちは変わるか

 「Yahoo!ショッピング」を運営するヤフーは、20歳代―50歳代の女性561人と男性557人を対象に実施したホワイトデーに関する調査の結果を発表した。それによると、義理チョコのお返しは「4倍返し」が最も好感度が高いという。

 女性回答者に、バレンタインデーにギフトを渡してお返しがなかった場合どう思うか尋ねたところ、渡した相手が「恋人」の場合、「相手の株が下がる」(22.5%)が最も多く、こうしたネガティブな評価が約7割(69.5%)を占めた。中には「来年から渡さないし今後の関係性に影響する」(21.7%)と、別れを示唆する回答も見受けられた。渡した相手が「友達」や「職場の人」でも、マイナス評価が5割を超える。

 お返しをされなかった時、相手の男性との関係性・態度は変化するかとの質問に対しては、3割以上(34.9%)が「翌年渡すのを辞める」としたほか、2割以上(21.7%)が「周りの女子に、お返しがなかったことを伝える」と回答した。

 義理チョコのお返しは何倍返しを期待するか、また、お返しの額で気持ちは変わるか聞くと、「4倍返し」の場合に「好感度が上がる/その人の株が上がる」(55.8%)との回答割合が最も高く、前年の調査に引き続き「4倍返し」が最も支持された。

 バレンタインギフトを贈っていないのにホワイトデーにギフトをもらったらどう思うか尋ねると、2割(20.9%)が「好感度が上がる/その人の株が上がる」と答える一方で、約4割(37.6%)が「ちょっと怖い」と答えている。

 バレンタインギフトのお返しとして期待する金額を、義理と本命それぞれについて聞いてみると、義理返しは「500―699円」(25.3%)との回答が最も多く、本命は「5000―9999円」(17.6%)が最多だった。

 これに対し、男性がお返しとして想定している金額は、義理の場合は「500―699円」(25.7%)が最多で女性の予想と一致しているが、本命は「1000―1499円」(16.9%)が最も多く、女性の思惑と大きな開きが見られた。

■関連情報
・Yahoo!ショッピングのWebサイト shopping.yahoo.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント