夫がする家事の仕上がりに不満を感じたことがあるか
夫がやる気になったものの結果的に雑で不満だった家事は
夫に家事を任せると結局自分の手間が増えることがあるか

 パナソニックがまとめた夫婦の家事に対する意識調査の結果によると、約7割の妻は、家事を夫に任せた際の仕上がりに不満を感じ、中でも「食器洗い」の評価については夫婦間で大きな意識のギャップがあるという。

 30歳代―40歳代の既婚女性200人に、夫がする家事の仕上がりに不満を感じた事があるか尋ねたところ、69.2%が「不満を感じた事がある」(「とてもあてはまる」と「ややあてはまる」の合計)と答えた。

 夫がやる気になったものの、結果的に雑で不満だった家事は何か聞くと、「食器洗い」(28.4%)との回答が最も多く、次いで「洗濯」(24.0%)、「風呂掃除」(13.9%)、「部屋の掃除」(13.0%)と続いた。

 「食器洗い」に関する具体的な不満は、お皿に汚れが残っていることと水をむだ遣いしていることに対して多く見受けられ、結果的に妻の二度手間になること、水道代がかさむとことに強い不満があることが分かった。

 30歳代―40歳代の既婚男性200人に「自身で行った家事の仕上がりに対する評価」を尋ねると、最も高得点は「食器洗い」の72.4点だった。一方、妻に聞いた「夫が行った家事の仕上がりに対する評価」では、「食器洗い」は6位の67.18点だった。

 夫に家事を任せてしまうと結局自分の手間が増えることがあると感じている妻は約7割(66.8%)にのぼり、さらに約6割(59.1%)の妻は「夫と家事を分担するよりも、効率的に家事ができるような家電が欲しい」と思っている。

■関連情報
・パナソニックのWebサイト panasonic.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント