副収入も合わせた年収
恋人にしたい人がいる場合、どのような行動をとるか
恋愛に求めるものは

 不動産投資のインヴァランスは、女性のワークライフバランスに関する意識調査の結果を発表した。それによると、働き女子の大半は恋愛に対して受け身の姿勢だが、積極性が求められる営業職はプライベートでも肉食系の一面が垣間見える。

 働く女性600人に、副収入も合わせた現在の年収を聞いたところ、「299万円以下」(33.2%)との回答が最も多く、全体の平均は366万円だった。勤務先での1日あたりの平均的な残業時間を聞くと、「0時間」との回答が44%で、56%が毎日1時間以上残業をしている。

 残業時間と年収の関係を見ると、残業0時間と答えた割合は年収「499万円以下」の人で39.9%、「500―999万円」の人で37.3%、「年収1000万円以上」の人で52.0%と、年収が高い人ほど残業が少ない傾向が見られた。

 プライベートについて、現在特定の恋人がいるか尋ねたところ、「いる」と答えた人は30.8%がだった。恋人にしたい人がいると仮定した場合、どのような行動をとるか聞くと、「相手からのアプローチを待つ」が25.8%、「どちらかというと相手からのアプローチを待つ」が45.8%を占め、合わせて7割以上が恋愛に対して受け身であることが分かった。

 「恋愛に求めるものは何か」との質問に対しては、約8割(78.5%)が「安定」と答え、「刺激」は約2割(21.5%)にとどまった。しかし職種別で見た場合、営業職は「刺激」を求める割合が約半数(49.3%)に上昇する。

■関連情報
・インヴァランスのWebサイト www.invalance.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント