7月1日―9月15日の色に関するキーワード検索(2014年と2015年の比較)

 米国POPSUGAR(ポップシュガー)が運営するファッション検索サイト「SHOPSTYLE(ショップスタイル)」は、秋のトレンドカラーに関する調査結果を発表した。SHOPSTYLEでの検索動向を分析したところ、2015年秋は圧倒的に「赤」への関心が高く、来年に向けて赤の人気が続きそうだという。

 調査では、SHOPSTYLE日本版において2015年7月1日―9月15日に検索されたトレンドカラーに関するキーワードを抽出し、2014年7月1日―9月15日と比較した。

 2014年は「オールホワイト」のトレンドなどもあり、白の検索数が全体の47%とひときわ人気が高かったが、2015年はシェアが10%まで縮小した。一方、赤は昨年の32%から40%へと拡大した。

 赤の検索が増えている理由として、「70年代」「フォークロア」などのブームの影響でレトロなカラーや差し色カラーとして赤が注目されていること、米国PANTONE(パントン)が発表した「マルサラ」(ワインレッド)がコレクションに取り入れられていること、ユーザーが自分好みの濃さのマルサラなどを探すために検索したことなどが考えられる。

 SHOPSTYLEによると、今年はファッションの世界だけでなく、車や家電でも同様に赤系のトレンドが顕著に見られるという。景気が回復基調になると赤が流行るというデータもあり、過去には1950年代の戦後間もない復興期と1980年代後半のバブル期に赤が流行している。

 また、来年の干支である申年は、赤い下着を身につけると健康になれるといった言い伝えが日本各地にあることから、赤のアンダーウエアを推す店舗も増えている。こうした動きが2016年にかけて赤のトレンドに拍車をかける可能性があると、SHOPSTYLEは見ている。

■関連情報
・SHOPSTYLEのWebサイト www.shopstyle.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント