パートナーズコンシェルジュ マリッジアドバイザー山本麻美さん

 手掛けたお見合いは2000組。結婚カウンセリングも1000件以上こなしてきた“婚活鬼軍曹”こと、婚活ジャーナリストの山本麻美さん。「お見合い」がいかに結婚したい妙齢女子にとって最高の“漁場”であるかを語っていただいた前編に続き、後編は実践編として、今すぐ役立つ6つの婚活テクを伝授してもらいます。ぜひ、背筋ピーンでお読みください!

【婚活テクその1】
お見合いは1歳でも若いうちからはじめるが勝ち!

「投資と思って若いうちから結婚相談所に登録する方が、合コンを重ねるより結婚には近道ですよ。あと、たぶん結果的にお見合いの方が経済的だと思います(笑)」。

 また世知辛いことですが、子どもを望む人にとって年齢は意識せざるを得ないポイント。そのためたくさん子どもが欲しいという人も、早めに結婚相談所に登録すべしと山本さんは説きます。

【婚活テクその2】
恋愛と結婚は別モノではない。
けど、結婚を意識していない男と付き合う時間はムダ!

 「まだ結婚したくないと思っている男性とお付き合いしているのなら、それは婚活の土俵にすら上がっていないことと一緒です」と山本さん。これを回避するためには、お付き合いをはじめた最初の3ヵ月のうちに結婚をちらつかせるのがオススメとのこと。その結果、彼からまったく反応がなかったら、潔く撤退しましょう。

「よく結婚を言い出せないという人がいますが、結婚を言い出さない女=物分りのいい女になっている危険が。逆に結婚を切り出せた女性は、物分りのいい女に成り下がらなかったということです」

 【婚活テク1】でもあったように、子どもが欲しい人なら特にコレは大事かもしれません。

 また、出逢いのチャンスとして「合コン」に参加する人も多いと思いますが、「大人数でやっても意味がない」とバッサリ! 最高でも3対3くらいの少人数で、しっかりひとりひとりと向き合える環境でやりましょう、とのこと。

【婚活テクその3】
常に「目の前の男を落とす!」と思いながら行動して!

「婚活中は、どんな男性も落とす! という勢いでかからなきゃダメ。そうやってスキルを磨いていかないと、いざ好きな人ができた時に、その人を落とせませんから(笑)」。

 男性を一瞬でメロメロにできるほどの“一撃必殺スキル”を磨いて、どんどん自信をつけていくべし!

(次ページ:婚活に必須!会話の「3大ワード」とは)