動物園を訪れた理由は(5年以内に来園経験あり)
どのような気分のときに動物園に行きたいと思うか
動物園に行って見たい動物トップ10

 恩賜上野動物園などを運営する東京動物園協会は、「動物園の楽しみ方」に関する調査結果を発表した。それによると、大人が動物園に行きたくなるのは、癒されたい気分の時が多いという。

 調査は、動物園に行ったことのある20歳―35歳の未婚男女200人と、20歳―49歳の既婚で子ども(12歳以下)がいる男女200人を対象に実施した。直近で動物園を訪れたのはいつか尋ねると、全体では「2―3年以内」と「11年以上前」(いずれも17.8%)が最多だった。独身男女は「6年以上前」が過半数を占め、子どもがいるファミリー男女は過半数が「1年以内」に訪れている。

 5年以内に動物園を訪れた人に、動物園に行った理由を聞くと、「動物が好きだから」(25.9%)との回答が最も多かった。独身男性は「動物が好きだから」(29.2%)に次いで「友人や恋人に誘われたから」(27.3%)が多く、独身女性は「友人や恋人に誘われたから」(36.7%)が最多で「動物が好きだから」(34.7%)を上回った。

 回答者全員に、どのような気分の特に動物園に行きたいと思うか尋ねると、「癒やされたい」(39.8%)がトップで、以下「珍しい動物を見たい」(34.3%)、「子どもを喜ばせたい」(31.0%)が続いた。独身男性は「知りたい・学びたい」(30.0%)が他の層を2倍上回り、特に動物の生態や習性に関心が高いことがうかがえた。

 「今後、どのようなことがあれば動物園に行きたいと思うか」との質問に対しては、「動物にふれあえる」(59.0%)がトップになり、いずれの層でも回答割合が半数を超えた。独身男女は「大人が楽しめるイベントがある」「映像や音楽を使った演出など、展示型のイベントがある」の割合がファミリー男女の2倍を超えた。

 動物園に行って見たいと思う動物のランキングは、1位が「パンダ」、2位が「ライオン」、3位が「キリン」となり、以下「ゾウ」「ペンギン」が続いた。

■関連情報
・東京動物園協会のWebサイト www.tzps.or.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント