日本人に大人気のハワイ。しかし、知られているようであまり知られていないハワイを紹介しつつ、ハワイの魅力を探ります。今回はハワイの代表的なローカルフード、ポケ(POKE)について。

 太平洋の中心にあるホノルル空港には、日本からの航空機が毎日数機到着します。台湾や韓国からの便も合わせると、降り立つ日本人は1日数千人。連休や年末年始になると、5000人を超えることもあります。

 「他の観光地と違い、ハワイに降り立つ日本人は分類できない」

 旅行会社スタッフやフライトアテンダントはそう言います。

 ハワイにはリピーターが多いのですが、旅の動機や好みで日本人を分類しようとしても、できないことがほとんどです。唯一、類型化するとしたら、「ハワイが好き」ということくらいでしょうか……。

 大企業の社長から、学校を出て就職したばかりの若者まで、何が彼らをハワイに引き寄せるのか? 現地在住の名物案内人、通称「へなしゅん」こと田中しゅんすけが、各所の現在と過去を織り交ぜながら、知られているようであまり知られていないストーリーを紹介しつつ、ハワイの魅力を検証します。

 今回は、代表的なローカル料理「ポケ(POKE)」について。

「アヒ」は「マグロ」のこと。ハワイ語があるということは……

 ハワイのシンボルにもなっている標高232mの山、ダイヤモンドヘッドには、「レアヒ」というハワイ語の名前があります。カタチがマグロの頭に似ているからそんな名前になったという説(アヒ=マグロ)があることは、ダイヤモンドヘッドの記事(こちら)でも紹介しました。ハワイ語があるということは、それだけマグロがハワイにとって身近な存在だということ。マグロは昔からハワイで食べられていたようです。そして、そのアヒを料理した代表作が「ポケ(POKE)」です。

ワイキキのど真中、カラカウア通りに面したマーケット「COCO COVE」でポケを買うことができます。個人的なオススメはオイスターソース

 ポケというのはハワイ語で「スライスする」「みじん切りにする」という意味があります。元々は細かくカットして味付けした料理全般を指す言葉だったようですが、サカナ好きな日系移民がやってきたことで「ポケといえばアヒ」みたいな感じになっていきました。

 多くの場合、マグロを四角くカットして、しょう油、ごま油、オイスターソースなどで味付けします。タマネギや海藻などをまぶしたものもよく見かけます。初めて見たときは、刺身のほうが美味いんちゃうか、と思ったりしましたが、この気候のせいでしょうか、ポケはポケでくせになる味です。

 ポケを食べるのは日系人だけじゃないのか? と思われる方もいらっしゃいますが、いやいや、アメリカ西海岸の皆様もサカナは大好きです。イギリス発祥の料理「フィッシュ&チップス」もシアトルでは定番メニュー。「POKE」がポケではなくポキと呼ばれるようになったのも、英語として定着していったからです。英語ではKEは「ケ」ではなく「キ」と発音されたりするんですよね。わたくしの名前、SHUNSUKEも、シュンスケではなくシュンスキと呼ばれたりします。

 なお、POKEの読み方はポケでもポキでも構わないのですが、このコラムではポケで統一します。

日本のマグロとは別の美味しさ

 個人的な話ですが、わたくしはハマチが好きでした。ハマチというのは、関西でのブリが小さい時の呼び名ですね。ハワイでポケを食べるまで、ハマチのほうがマグロよりも美味しいと思っていました。

 ハワイではハマチは珍しい食べ物になるせいか、ちょっと値段が高くなります。なんでそんなに高くなるねん! と思ってしまうこともあり、ハワイではハマチを食べなくなってしまいました。いやいや、それだけが理由ではありません。ハマチといえば日本でも冷凍されたものが多いですが、ハワイに来るとなるとさらに保存加工されるようで、うーむ、日本のハマチとは何かが違う食べ物になっています。

 それに対してマグロは逆です。ハワイのマグロは日本で口にするものとは別の食べ物のように美味いのであります。全てがそうだとは言いませんが、よく耳にする感想は「日本と違ってすじすじしてない」というものです。日本でも高級なマグロを食べることができたらそうなるのでしょうけれど、ハワイでは普通にスーパーで買うポケ(冷凍してないマグロ)が柔らかくて口の中で溶けるのです。

 う、うまい!

 日本のマグロと食べ比べてみてください。

 さて、そんな柔らかくて口の中で溶けるようなマグロを、ハワイではポケにしていただきます。サイコロのように四角くカットして、日本で言うところの「漬け」にするのです。

 日系移民がやってきたことで、「ポケボウル」なんてものまで生まれました。ご飯に海苔(のり)を振りかけて、その上にポケが乗っかっているだけのシンプルなどんぶりです。マグロが美味いのでそれだけで十分です。

カパフル通りにある「ONO SEAFOOD PRODUCTS INC」は、YELPによる「全米ベスト100レストラン」の第18位に入っています。個人的には、ご飯がタイライスなのがちと残念です