民生電気器機国内出荷の金額動向(JEMA調べ)

 ふとんクリーナーを製造・販売するレイコップ・ジャパンは、今年の冬のボーナスシーズンは家電購入者の増加が期待できるとする調査結果を紹介するとともに、掃除家電を活用した年末の大掃除に役立つ情報を公開した。

 日本経済団体連合会(経団連)が11月に発表した大手企業80社の年末賞与・一時金の妥結状況(第1回集計)によると、今冬のボーナスの平均額は91万697円で前年比3.1%増と、3年連続で前年を上回った。90万円を超えるのはリーマンショック直後の2008年以来となり、今年のボーナス商戦は激化することが予測される。

 また、民間シンクタンクの岩手経済研究所が今冬のボーナスの使い道について就労者に尋ねたところ、買い物やレジャーなど「消費」(40.8%)が、2年ぶりに「貯金」(40.4%)を上回った(11月20日付け毎日新聞より)。一方で、日本電機工業会(JEMA)の調べでは、民生用電気器機の2015年10月度の国内出荷金額は1492億円で前年同月比12.7%増と、6カ月連続で成長している。消費者の消費意欲が家電へも反映されている昨今、今冬のボーナス時期は家電購入者が増加することも期待される。

 掃除家電が活躍する年末の大掃除では、リビングやキッチンなどの普段は手の回らない場所が注目されがちだが、寝具も忘れずに掃除することを、レイコップは提言している。大掃除ではいつにも増して大掛かりな掃除になるため、部屋中のハウスダストを空気中に舞い上がらせてしまい、ベッドに降りかかってしまうことが考えられる。

 寝具を掃除する際は、まず洗えるシーツなどはきれいに洗濯し、布団やマットレスは干したり、布団乾燥機で水分を除去したのち、ふとんクリーナーでハウスダストを取り除く。大掃除で舞い散ったハウスダストがまた布団にたまらないように、順番を間違えず、大掃除の最後に布団ケアをするのがポイントだとしている。

■関連情報
・レイコップ・ジャパンのWebサイト www.raycop.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント