生理前症候群で一番辛い症状は
生理の時に気をつけていることは
生理痛が重い時の対処法は

 女性のカラダとこころを総合的にサポートする「女性の悩みクリニック」サイトを運営するアムタスは、多くの女性が毎月のように悩まされている生理について、同サイトの会員女性200人を対象にアンケート調査を実施した。

 生理前症候群(PMS、生理前の身体的および精神的な不調)で一番辛い症状は何か尋ねたところ、「イライラする・怒りっぽくなる」(28%)が最も多く、「下腹部痛」(13%)、「疲労・倦怠感」(11%)、「眠くなる」(10%)が続いた。

 「イライラする・怒りっぽくなる」を挙げた人からは、「月経10日前から3―5日間イライラする。彼氏にも八つ当たりしてしまい、それを抑えきれない自分にも更にイライラ」「とにかく周りに当たり散らす。いつもごめんなさい」といったコメントが寄せられた。

 そのほか、「悪寒、頭痛、吐き気のオンパレード」「不快感が拭えないくらいの眠気」「肌荒れでボロボロ」という声がある一方で、「一切(不調は)ない」という人もいた。

 生理の時に気を付けていることがあるか聞くと、「漏れ対策」(46%)と「痛みなど体調不良についての対策」(32%)が特に多かった。

 具体的な「漏れ対策」は、「タンポンとナイト用ナプキンを使う」「寝る時は腰周りにタオルを巻く」「29cmのナプキンを2枚ずらして使用する」など、さまざまな工夫が聞かれた。「痛みなど体調不良についての対策」では、「お腹と腰を冷やさないように夏でも腹巻き」「冬場は使い捨てカイロを貼る」「鉄分配合の栄養ドリンクを飲む」といった意見が寄せられた。

 生理が重い時の対処法を尋ねると、「薬に頼る」(58%)が圧倒的に多く、そのほか「カイロなどカラダを温める」(16%)、「寝る」(13%)、「ひたすらガマン」(8%)が続いた。

 辛くても仕事や子育てで簡単に休めない場合も多いが、あまりにも生理痛の症状が重い時は子宮や卵巣の病気のサインである可能性もあるため、婦人科や産婦人科で診察してもらうことを、同調査は提案している。

■関連情報
・女性の悩みクリニックのWebサイト www.amutus.co.jp/service/women/
・アムタスのWebサイト www.amutus.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント