日経doors

女性の痩せ過ぎと栄養不足 産んだ子どもにどう影響?

2500g未満の赤ちゃんの出生率が先進国の中で最悪レベルの日本

2500g未満の赤ちゃんの出生率が先進国の中で最悪レベルの日本
日本の低出生体重児(2500g未満)の割合は、1980年代前半にはOECDの平均より低かったが、80年代後半から増え2011年には9.6%。15年は9.5%だった。先進国で最悪レベルになっているのは、妊娠適齢期女性のやせ過ぎの増加、妊娠中のダイエット、若い女性の喫煙率の上昇、高齢出産の増加の影響が大きいとみられている。(出典:OECDヘルスデータ2013より)
閉じる