今年、夏枯れ肌を自覚したか
どんなときに夏枯れ肌を自覚するか
夏枯れ肌が周囲に与える印象は

 美容家電のヤーマンは、20歳代―50歳代の女性500人を対象に実施した肌に関する調査の結果を発表した。それによると、記録的な猛暑となった今年の夏は例年よりも肌へのダメージが大きかったと約7割(66%)が感じている。また8割以上(84%)が、夏の終わりにハリやツヤが低下して元気がない肌に見える“夏枯れ肌”を自覚したという。

 夏枯れ肌を自覚するのは、「肌がくすんでいる時」(55%)、「肌にハリ・弾力がない時」(52%)が特に多く、それぞれ半数以上が挙げている。「肌がざらついているとき」(44%)、「毛穴が開いているとき」(37%)といった汚れ残りや、「肌がかさついている時」(42%)、「目元にうるおいが足りないとき」(32%)など乾燥に関する回答も目立った。

 夏枯れ肌が自分に及ぼす影響を聞いたところ、「自分に自信がなくなる」(84%)、「暗い気持ちになる」(80%)などネガティブな気持ちになってしまうほか、「人と会いたくなくなる」(68%)などコミュニケーションでもマイナスの影響があることがうかがえる。

 夏枯れ肌が周囲に与える印象について聞くと、「疲れていると思われる」(90%)との回答が特に多く、「老けて見られる」(78%)、「不摂生だと思われる」(58%)といった意見も目立った。

 今夏のスキンケアについて尋ねたところ、季節に合わせた特別なケアをしていた人は3割未満(28%)にとどまり、7割以上(72%)が「特別なケアをしていなかった(他の季節と同じケアだった)」と答えた。夏のスキンケアが十分にできていた人では、夏枯れ肌を自覚した割合が39%であったのに対し、夏のスキンケアが十分にできていなかった人はその割合が68%に上昇する。

■関連情報
・ヤーマンのWebサイト www.ya-man.com

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント