朝食に積極的に摂りたい食材は
朝スムージーを飲む頻度は
朝食に鍋が登場する頻度は

 ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカーBRITA Japan(ブリタ・ジャパン)は、冬の朝食をテーマに実施した意識調査の結果を発表した。それによると、朝食に野菜を摂りたいと思う人は多い一方、近年ブームのスムージーを飲んでいる人は2割程度にとどまるという。

 調査は、レシピサイト「クックパッド」の会員男女4535人を対象にアンケートを実施した。朝食の準備に関して抱く気持ちについて質問したところ、62.6%が「面倒」(「面倒だ」と「どちらかといえば面倒だ」の合計)と感じている。

 朝食に積極的に摂りたいと思う食材(主食以外)を聞くと、「野菜類」(81.0%)が圧倒的に多く、2位の「卵」(41.6%)や3位の「大豆製品」(34.9%)を大きく引き離した。野菜をたくさん摂取できるスムージーが朝食のトレンドとして注目されたのは、こうした意識が背景にもあると考えられる。

 しかし、朝食に野菜類を摂りたいと考える人に、朝、スムージーを飲むか聞いてみると、1か月に1回以上飲んでいるいる人は2割強(22.4%)にとどまった。残りの約8割は「1カ月に1回未満、もしくは飲んでいない」と答えた。

 スムージーを1カ月に1回未満しか飲まないか、もしくはまったく飲んでいない人に、鍋が食卓に登場する頻度を聞くと、「週に1回以上」が約6割(56.5%)にのぼった。鍋の魅力について聞くと、「野菜がたくさん摂れる」(90.1%)、「簡単に調理ができる」(78.4%)がトップ2に挙げられ、朝食作りが面倒だが、朝手軽に野菜を摂りたいと考えている人には今後「朝鍋」が注目されそうだと、同調査は分析している。

■関連情報
・BRITA JapanのWebサイト www.brita.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント