肌の悩みトップ10(年代別)
過去1年の肌の悩みの変化
年齢に合わせたスキンケアが十分にできていると思うか

 美容家電のヤーマンは、女性の肌の悩みに関する調査の結果を発表した。それによると、約8割の女性が自分の肌に自信が持てず、9割以上が肌の悩みを抱えている。

 20歳代―50歳代の女性500人を対象にオンラインアンケートを実施したところ、自分の肌に「自信がある」と答えた人は約2割(23%)にとどまった。「自信がない」と回答した割合を年代別で見ると、20歳代でも71%、30歳代は80%にのぼり、若い年齢層でも肌に自信が持てていないことが分かった。

 現在、肌の悩みがあるか聞くと、93%が「ある」と答えた。具体的な悩みを年代別で見ると、いずれの年代も「毛穴の開き」と「しみ」が3割を超え、上位5項目以内に入っている。若い年代の方が「毛穴の開き」で悩む割合は高く、20歳代と30歳代では52%が挙げている。「毛穴の黒ずみ」「にきび」も年代が下がるほど悩んでいる人が多く、30歳代は「毛穴の黒ずみ」が50%、「にきび」が30%、20歳代ではそれぞれ58%と46%に上昇する。

 一方、年代が上がるほど「ハリ・弾力のなさ」「しわ」といった項目を挙げる人が増加し、肌の悩みが局所的なものから肌全体の質感に変化している様子がうかがえた。

 実際、約7割(66%)が「肌の悩みは過去10年で変わった」と実感しており、約8割(79%)が「肌の悩みは過去10年で増えた」と答えている。

 肌の悩みを解消するためのスキンケアについても聞いたところ、9割以上(93%)が「年齢に合わせたスキンケアが必要」と思っているにもかかわらず、10歳代の頃から現在までを振り返って、年齢に合わせたスキンケアが「十分にできていると思う」と答えた人はわずか1割未満(7%)だった。

■関連情報
・ヤーマンのWebサイト www.ya-man.com

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント